重大な消防法令違反の公表制度  

          

違反対象物の公表制度について                     

建物を利用する方が、自ら利用する建物の危険性に関する情報を入手し、その建物を利用する際に選択・判断ができるよう、消防が保有している重大な消防法令違反の情報を、ホームページで公表する制度です。


    



公表の対象となる建物について                     

飲食店、百貨店、ホテル等の不特定多数の方が利用する建物や、病院・社会福祉施設などの一人で避難することが困難な方が利用する建物です。

○公表の対象となる建物の用途一覧

【例】

               




公表の対象となる違反について                     

屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、自動火災報知設備が、消防法令で設置義務があるにもかかわらず、未設置のもの、または、未設置と同等の機能障害が認められるもの。

【例】


  ○屋内消火栓設備
                 



  ○スプリンクラー設備
                 



  ○自動火災報知設備
                 




公表の対象となる違反内容                       

【例】

1 建物名称    

2 所在地     

3 違反の内容   

4 その他消防長が認めるもの



公表の手続き及び公表の方法について                  

立入検査の結果を通知した日から30日を経過しても、なお、公表の対象となる消防法令違反の是正が認められない場合、喜多方地方広域市町村圏組合消防本部のホームページに違反内容等を掲載します。

○公表している対象物の一覧



建物関係者のみなさまへ                        

重大な消防法令違反の多くは、無届の増改築や用途変更により発生しています。増改築工事や用途変更を計画されている建物関係者の方は、事前に管轄の消防署・分署までにご相談ください。



各種資料                               

「違反対象物の公表制度」(公表制度の概要説明一般者向けチラシ)


 

全国の公表対象物について                       

総務省消防庁のホームページ(ここをクリック)から参照して下さい。