消防設備士について
消防設備士は、建物に設置する屋内消火栓設備やスプリンクラー設備などの
消防用設備等の工事、整備及び点検を行なうことができる資格です。

消防設備士の種類
 消防設備士は、甲種と乙種の2種類に分かれ、さらに消防用設備等の種類ごとに第1類〜第7類まで分かれています。
 この資格を取得するには、「消防設備士試験」に合格しなければなりません。
 また、資格取得後は、新しい知識や技能習得のため定期的に講習を受ける必要があります。

消防設備士試験について

消防設備士講習について(平成27年度準備中)

消防設備点検資格者講習について(平成27年度準備中)


戻る