通報から出動まで
通報受付
通報受付 119番通報を受けると、自動的に指令装置が起動します。この時点でどこの市町村からの通報かディスプレイに表示されます。


災害地点の特定・通報内容の聴取
災害地点の特定 主に町名・行政区名・字名・番地・目標物・世帯主名・電話番号等で災害地点を特定し、同時に通報内容の聴取を行います。


地図の表示
地図の表示 災害地点が特定された時点で、指令装置中央のディスプレイに地図が表示されます。この地図により場所の最終確認をします。


災害種別・規模の入力
災害種別・規模の入力 通報内容により、災害種別(火災・救急・救助)と災害規模を指令装置に入力します。


出動隊の編成
出動隊の編成 あらかじめ定められた出動計画に基づいて、災害種別、災害規模、災害場所、車両動態を勘案し、コンピュータによりその災害の対応にもっとも適した出動隊を編成します。


出動指令
出動指令 編成した出動隊の該当消防署、分署に音声で出動指令を出すとともに、地図情報が記載されている指令書を送信します。構成市町村には指令書のみが災害情報として送信されます。


出動隊表示
出動隊表示 出動指令と同時に指令室と該当消防署、分署に設置してある車両表示板の該当車両が点滅し、その該当車両のボタンを出動隊員が押すことによって、その指令を了解したことになります。


出動
出動 出動指令を確認してから約1分以内に、各種災害に適した車両が現場へ出動します。



戻る