消防団って何?
  1. 消防団って何?

     消防団は、消防本部、消防署と同じく法律に基づいて市町村に設けられている消防機関です。福島県会津地方の耶麻郡のうち喜多方市、西会津町、北塩原村の1市1町1村を管轄する喜多方消防本部管内のすべての市町村に消防団があります。それぞれの市役所や役場の担当課の消防団担当の職員が消防団のいろいろな事務を行います。市役所や役場に行くとなぜか消防署の車のような赤い自動車を見たことがないですか?そうです、災害があった時に消防団担当の職員が乗っていくのです。

  2. 消防団の方は普段何してるの?

     なんと皆さんそれぞれ仕事を持ってるのです。消防士などはいつでも何か災害があったらすぐに出動できるようにつねに消防署で待機していますが、消防団の皆さんは仕事の合間や仕事が終わってから現場に駆けつけてくるのです。消防団の方の職業はいろいろで、会社員から自営業、公務員などさまざまで会社で電子部品を作っている人から公民館の人、クリーニング屋さんなど実にさまざまです。皆さんの家の近くに必ず誰か一人は消防団に入っている人がいるはず!それだけ地元に密着した組織なのです。地元の消防団員を探してみるのも面白いかも?

  3. 消防団員の身分は

     消防団員の身分は、特別職(非常勤)の地方公務員です。それぞれの職業を持った地域住民の方が、自分の意思で消防団に入団しています。平成18年4月1日現在、全国で900,007人の消防団員が活躍しています。

消防団と消防署の違い
                          平成19年4月1日現在
項目 消防団 消防署
身分 特別地方公務員 地方公務員
組織 市町村の消防団本部を中心とした組織 各消防本部を中心とした組織
出動態勢 消防団員それぞれが職業を持っており、各職場、または各自宅からの出動 各署所に24時間体制で待機、迅速な出動可能
人員 耶麻地方喜多方広域管内1市1町1村全体で2322人 喜多方消防本部人員100名
車両数 消防ポンプ自動車、小型動力ポンプ含み広域管内308台 消防ポンプ自動車、救急車、救助工作車、指揮車等含み27台
装備 消火活動に必要な装備、捜索活動等に必要な装備 火災防御、救急、救助に必要なありとあらゆる資器材
業務内容 火災、捜索、水防等 火災、救急、救助全般


戻る