消防団の仕事
消火活動
 まず誰もが真っ先に連想する消防団の仕事といったらこれです。一回の火災に対して消防署のポンプ車が数台しか出れない地域などでは消防団と連携し消火活動を行うことによって、いち早い消火活動ができるのです。また、消防署から遠い地区などでは、その地区が火災になった場合、消防署の消防車が来るまで、その地区の消防団の方たちが、初期消火を行い、被害を最小限に抑えるなどということも珍しくありません。

二次災害の予防
 延焼を防ぐために付近を監視したり、あるいは消防署の指示で危険なものを移動したり、近くの人を安全な場所まで誘導したりします。

交通整理
 消防隊がスムーズに消火活動をできるように、付近道路の交通整理に当たります。また、水利が道路の向こう側にある場合、ホースが道路を横断するので、通行車両に踏まれないようステップを敷いてホースを保護します。みなさん、車でこのような火災現場に遭遇したら、ホースを直接踏まないで、ステップの上を走ってください。

後方支援
 林野火災など水利の状況が悪い場所の火災などの時、消防団の各分団が連携し現場の消防署の消防ポンプ自動車に水を中継送水することもあります。また、消防署の消防ポンプ自動車が消火栓ではなく防火水槽の水を吸い上げて消火活動を始めた場合、防火水槽の水には限りがあるので、その防火水槽に水を補給したりします。さらに、消防署の消防隊が帰った後に、使い終わった防火水槽に再び水を補給する作業をします。

現場の監視
 消防署の消防隊によって鎮火すれば消防隊は次の出動に備えるためいったん帰ります。消防団も鎮火すれば解散になります。しかし、完全に消えたという保証はありません。ひょっとしたら布団の綿がくすぶってていつまた発火するかわかりません。全員解散した後も担当消防団は居残って現場の警戒に当たります。夜に起きた火災であれば、原則として夜が明けるまで監視を続けます。

現場検証の立会い
 火災が鎮火すれば、消防と警察による現場検証があり、消防団はその手伝いをします。検証の邪魔になる燃え残った家財や柱などの片付けです。夜間の火事であれば翌朝行われるので、担当分団の分団員は徹夜のまま現場検証に当たることもあります。


戻る