車両紹介(主な車両です)
化学車
四輪駆動式オールシャッタータイプの寒冷地仕様車両です。油火災消火用の原液と水を積んでおり、ガソリンや灯油が燃えている時は、2つを混合して発泡し消火活動を行います。
化学車の上部には大量放水のための放水銃が備えられています。また、横は雨雪から機器を守るためシャッターが備えられています。
下のほうに見えるのはホースカーです。ホースカーは省スペースタイプとなっており、電動の動力補助装置が付いており、迅速な活動と負担軽減に役立っております。
放水銃です。これにより大量の放水が可能です。火を消すだけでなく、安全確保のため火災になった危険物のタンクや火災の近くの危険物のタンクを大量放水により冷却したりします。
安全機能装置付ポンプ操作支援装置を搭載し、消火活動を支援する装置や安全装置等の作動状況を一つの画面で容易に操作、監視することが可能となりました。


戻る