消防職員の定義
 消防職員は、地方自治法で定められている普通地方公共団体又は特別地方公共団体の「消防事務」に従事するために任命され、労働の対価として報酬をもらっていることから、地方公務員法に定める地方公務員であり、さらに、同法に規定される一般職に該当するため、一般職の地方公務員として定義され、地方公務員法が全面的に適用される。
 このように地方公務員として、地方公務員の義務、及び服務規定が全面的に適用されるだけでなく、さらに、消防組織法に定義される消防の任務を実現するため、消防組織法に記載される服務規程を遵守しなければならない。
 消防職員の区分を細分化すると、「消防職員」は、消防吏員とその他の職員に区別され、「消防吏員」とは、消防職員のうち、階級を有し、制服を着用し、消防事務に従事するものをいう。 実際に現場活動を行うのは階級を有する「消防吏員」である。
 消防吏員の階級については、「消防総監、消防司監、消防正監、消防監、消防司令長、消防司令、消防司令補、消防士長、消防副士長、消防士」とされている。当消防本部においての最上級階級は消防庁告示により、消防長は「消防監」である。
 その他の職員とは、消防吏員以外の消防本部及び消防署(分署・分遣所も含む)に勤務するすべての職員を指す。


参考法令

地方自治法第1編第1条の2【地方公共団体の種類】
「地方公共団体は、普通地方公共団体及び特別地方公共団体とする。A普通地方公共団体は、都道府県及び市町村とする。B特別地方公共団体は、特別区、地方公共団体の組合、財産区、及び地方開発事業団とする。」

地方公務員法第3条第1項【一般職に属する地方公務員及び特別職に属する地方公務員】
「地方公務員の職は、一般職と特別職とに分ける。」

同法第3条第2項
「一般職は、特別職に属する職以外の一切の職とする。」

地方公務員法第4条【この法律の適用を受ける地方公務員】
「この法律の規定は、一般職に属するすべての地方公務員(以下「職員」という。)に適用する。」

地方公務員法第6節 服務 第30条【服務の根本基準】
「すべて職員は、全体の奉仕者として公共の利益のために勤務し、且つ、職務の遂行に当っては、全力を挙げてこれに専念しなければならない。」

消防組織法第14条の2【消防職員の職務】
「消防職員は、上司の指揮監督を受け、消防事務に従事する。」

消防庁告示第6号【消防吏員の階級準則】

消防組織法第12条第1項【消防職員】
「消防本部及び消防署に消防職員を置く。」


戻る