アンビュランスサポート隊が桜ウォークの救護に参加
平成28年4月23日に開催された蔵のまち喜多方桜ウォーク2016において、喜多方広域消防本部『アンビュランスサポート隊』のみなさんが救護ボランティアに参加しました。


今回の桜ウォークにはアンビュランスサポート隊と消防職員約20が参加。
AEDなどの応急手当キットを携行し、各コースの最後尾で参加者の安全を見守りました。幸いにも怪我人や急病人は発生せず、無事終了することができました。
〜喜多方広域消防本部アンビュランスサポート隊とは〜
・喜多方広域消防本部アンビュランスサポート隊は、平成23年から活動している市民ボランテ ィア組織です。
・防災訓練や救命講習会などを通じて、応急手当の普及啓発、救命率の向上に取り組んでおり、桜ウォークなどのイベントにも救護ボランティアとして参加しています。
・平成28年4月1日現在、47名の方が隊員登録されています。
・隊員となるために必要な要件は、原則として喜多方地方広域圏に居住または勤務している方で、応急手当普及員の資格を有している方などです。
・詳しい情報は、消防本部消防課(0241−22−6215)までお問い合せください。
    


    新着情報に戻る