高規格救急車
救急車側面
 喜多方消防本部では、救急救命士制度とともに高規格救急車を導入、平成19年12月をもって全所属に配備されました。この救急車は、高度な救命処置に対応するように、器具による気道確保セット・除細動器・薬剤投与・輸液ポンプ装置等を積載しています。
 救急隊員はこれらの器具を使用して、心臓の止まった人や呼吸の止まった人も蘇生できるように処置します。
内部


戻る