その他の応急手当

のどが詰まったときの手当

背部叩打法
  • 横向きにし、手のひらで肩甲骨の間を強く4回たたきます。
ハイムリック法
  • 後ろから抱え込み、片手で握りこぶしを作り、その上からもう一方の手で握ります。
  • 両手ですばやく腹部を上向きに圧迫します。
ハイムリック法

※はじめに背部叩打法から行ってください。
 それでも効果がないときにハイムリック法を実施してください。

乳幼児の場合(小児は上記の背部叩打法)
  • 片腕のうえに腹ばいにさせて、上半身が低くなるようにし、手で下顎を固定します。
  • もう一方の手で背中の中央を4〜5回たたきます。

出血した時の手当
  • 傷口が土、砂などで汚れていたら、きれいな水(水道水)で洗い流します。
傷口を洗う
  • 傷口に清潔なガーゼやハンカチを当て、手で強く圧迫するか包帯などでしっかりしばります。
圧迫

※感染防止のため、血液には触れないように注意します。


ショックに対する手当
  • 水平に寝かせます。
  • 両足を30cmくらい高くします。
  • 衣服を緩めます。
  • 毛布や衣服をかけ保温します。

※皮膚が青白く冷たい、冷汗が出る、脈拍が弱く速い、呼吸が速く浅いなどの症状が見られます。


やけどの手当
  • できるだけ早く、きれいな冷たい流水で15分以上、痛みがなくなるまで冷やします。
  • 衣服の上からやけどをした場合は、無理に脱がさず、衣服の上から冷やします。
やけどの手当

※ 水泡ができても絶対に破らないでください。


骨折の手当
  • 痛がっているところを、動かさないように注意し確認します。
  • 身近なもの(雑誌、ダンボール、板など)を副木として利用し固定します。
骨折の手当


※ 固定する時は、できるだけ骨折したところの上下2ヶ所の関節も動かさないようにします。


ひきつけの手当
  • あわてず、衣服を緩めて顔を横に向け、静かに寝かせます。
  • 高熱があるときは、冷たいタオルなどで冷やします。
  • 一般的に5分以内に治まることが多いですが、ひきつけの時間を計っておきます。
※ 無理に口にスプーンなどでこじ開けたり、割り箸を噛ませたりする必要はありません。


高熱の時の手当
  • 悪寒やふるえがあるときは、毛布などで保温し、頭部を冷やします。
  • 悪寒やふるえがないときは、過度な保温は避け、頭部、腋の下、大腿の付け根などを冷やします。
※幼児の場合、高熱によるひきつけに注意します。




戻る