風水害
普段の備え

 風水害は、台風、融雪、集中豪雨など、さまざまな原因によって引き起こされます。毎年、全国各地で風水害の被害が後を絶ちません。しかし、日頃の備えから、その被害を最小限に食い止め、自分の身を守ることは可能です。
  1. ふだん災害に備えて出来ること

    • 排水溝のごみや泥を掃除し、水の流れを良くしておきましょう。

    • 煙突やアンテナは針金などで補強し、取り付けの悪い看板は補強しておきましょう。

    • 避難の際に必要なものを普段から準備しておきましょう。(準備品は【地震】の項目の「地震が発生した時生活を維持するための備え」を参考にしてください。)

    • 自分が住んでる場所や、勤務している場所の近くの地形や道路・施設などの状況をよく調べ、危険箇所や避難場所を確認しておきましょう。


  2. 大雨・台風が近づいてきたら

    • 外出や旅行はひかえるようにしましょう。

    • 停電に備えて、懐中電灯やラジオなどをあらかじめ手元に置いておきましょう。

    • テレビやラジオで、台風情報や避難勧告情報などをよく聞くようにしましょう。

    • 裏が山だったり、がけ付近の人は、大雨が続くと地盤が緩み、がけ崩れの起るおそれがありますので、十分注意しましょう。

    • 川の付近に住んでいる人は、川の水かさに注意しましょう。川の水かさがあふれる前に堤防が決壊するおそれもあります。



戻る